安全への取り組み

お客様の快適なバス旅行のために

             
安全方針
人命尊重を最優先に「絶対に事故を起こさない」信念を持った体制づくりを絶対に風化させない。
安全教育
安全教育は月に1度行われ、全運転士が参加します。年内の事故の現状や具体的な対策についての講習、ドライブレコーダー映像を見ながら運転分析を行い、意見交換します。
立会い点検
安全な輸送を行うため、全運転士立ち会いのもと、運行管理や車両整備の実施状況、乗務員の労務管理状況などを点検しています。
     
重大事件・事故マニュアルの作成
重大事故・事件対応マニュアルに基づくシミュレーション演習を行い、万が一の事故に備えた訓練を行っています。
            
運行管理者の教育の徹底
日々の安全運行を管理する運行管理者の教育を徹底し「運行管理者講習」や国土交通省認定の「安全セミナー」を受講し、適切な乗務員の労務管理・健康管理を行い、お客さまが安心して乗車できるバスを提供しています。
安全評価認定制度1つ星マーク